赤帽の料金体系の仕組み

トップページ
お気に入りに追加
  

赤帽の料金体系の仕組み

赤帽は単身、学生向きでリーズナブルな引越が出来ます

 

赤帽とは軽自動車を使用した軽運送業で、個人事業主が集まり共同組合という形で組織が形成されています。

つまり対応してくれるのは個人事業主なので、きめ細いサービスや応対をしてくれますし、状況により臨機応変に対応してくれるのが赤帽の一番の利点だと言えます。

 

2番目の特徴はリーズナブルな料金設定で、荷物の少ない単身者、学生向きの引越し業者だと言えますが、ファミリー向けではありません。

 

何故なら使用する車が軽貨物自動車で、長さ1.8m×横1.4m×高さ1.3mだから積載量は最大350キロ、ダンボールなら36から48個くらい量となります。

洗濯機や冷蔵庫といった必要な電化製品一式を載せるならあと簡単な家具と段ボール10コくらいといった量だと言えます。
またトラックが入らないような都会の入り組んだ路地、山道の場合は小回り利くので赤帽の方がいいということが出来るでしょう。

費用は時間制と距離制から選ぶことが出来、荷物の量や距離によっとどちらがお得か決まってくるので、その辺は見積もりの際にきちんと料金設定を確認しておくといいでしょう。

 

時間制の場合は11,560円からスタートし2時間、30キロ以内ならこの金額なので荷物が少なく比較的距離が近い場合は引越し業者より断然赤帽の方がお得です。

 

これを超える場合は30分につき1,580円が加算される仕組みで、さらに日曜と祝日は料金2割増しになるので引越し代を安く上げたいのなら平日を指定するといいでしょう。