さいたま市はベッドタウンとして最高の場所

トップページ
お気に入りに追加
  

さいたま市はベッドタウンとして最高の場所

埼玉県に住むのであれば、やはり首都圏へのアクセス、利便性なども加味してさいたま市がおすすめに
なってきます。

県庁所在地だからというだけではなく、埼玉県の中では首都圏へのアクセスを中心に非常に鉄道のアクセスが優れています。

京浜東北線を中心としたJR線を中心として西武などの私鉄もアクセスがよいので首都圏で働く方々にとっては非常にうれしいと思います。

 

また、学校に関しても中学高校とさいたま市を中心に埼玉県内の多くに通えますし、場合によっては1時間圏内で都内にも通うことが可能になっています。

また、さいたま市といえば、いくつかイメージがあると思いますが緑が多いことを考えた場合には大宮公園、秋ヶ瀬公園が桜の季節をはじめとして非常に有名です。

 

また、散歩をするに当たっては大宮氷川神社なども非常にお勧めできるスポットです。

趣味の世界のイメージが強くなりますが、鉄道博物館なども大きな最近のホットスポットです。

 

週末になれば、本当に多くのお子様と鉄道ファンであふれています。次にマンション、一戸建ての環境です。

正直、安いとはいえませんが、ベッドタウンとして考えた場合には、さいたま市内であっても、3LDKで4千万円圏内の物件もあるため、購入が可能で便利な場所という条件を満たすことが可能になってきます。

 

このようにさいたま市は首都圏のベッドタウンとして住空間としても非常に利便性の高い、またコストパフォーマンスにも優れた場所だといえるでしょう。